トップスは化学繊維の方が綿よりファッション性が高いが、着心地に関しては夏場は適していない。

流行ファッションはトップスに取り入れよう



流行ファッションはトップスに取り入れよう

ファッション性のあるトップスも、化学繊維だと夏はつらい

特にファッションで目を引きこだわりたいのがトップスだと思いますが、重要なのはデザイン以上に着心地にあると思います。価格も安くてで見た目サラッとしてよい素材にポリエステルやナイロン、などがありますが、これがなかなか曲者だったりします。綿に比べて伸びにくいし良いのですが、デザインが気に入って春などに購入しても結局夏は着ることが出来なくなってしまうんです。

原因はとにかく通気性の悪さにあります。化学繊維は通気性が良くないので蒸れるのです。それほど暑いわけではないのに、袖を通しただけで自分自身の熱でまいってしまいます。さらに脇や胸などに汗がだらだらと垂れてきますが、吸湿性も悪いのでベトベトに暑さで着れたものではありません。結局中に天然素材のキャミソールなどを着用するのですが、真夏に二枚も着たくないので結局化学繊維の素材は避けた方がいいという結論になってしまいます。

実際このように感じている人は私だけではないはずなのですが、アパレルショップや通販ではかなりの量の化学繊維の半そで商品が売られています。正直見た目に関しては綿よりもスタイリッシュですし、シルクに比べて安くて洗濯方法もネットに入れて洗濯機OKのものが多いという取扱いの良さもあるのですが、やはり来ていて違和感がないということが大切だと思います。

注目情報

Copyright (C)2017流行ファッションはトップスに取り入れよう.All rights reserved.